エコプロジェクト

サスティナブルな社会のために、確かな取り組みを進めています。

限りある資源を有効に活用するために、ものづくりの様々な場面で環境に配慮した取り組みを行っています。

ウッドワークスの考えるエコとは?

  1. サスティナビリティ

    従来の木製品は、原生林を伐採し材料を確保していました。しかし未だ植林生育方法が確立されていない樹種は、伐採後に同じ樹種を植えることができません。今後は、サスティナブル(循環可能=植林可能)な樹種を使用した製品を主流とします。

  2. トレーサビリティ

    現在使用されている木材の元となる木の多くは主に発展途上国に分布しており、国が伐採を規制しても乱伐・盗伐が後を絶ちません。わたしたちは、乱伐・盗伐による木材は一切使用しません。

  3. 地球貢献

    木材を使用した製品を生産する企業として、積極的に植林に参加します。

  4. CO2 3.8%削減(2005年比)

    日本の命題であるCO2 3.8%削減(2005年比)に向けて、植林に取り組みます。

  • サスティナビリティ・トレーサビリティの考え方にもとづいて、地球環境への負荷軽減に配慮した製品づくりを行います。
  • 「ながくつきあうものづくり」をコンセプトに、アフターケアの徹底(お手入れ方法のアナウンス、修理対応、リフォームへの対応)を行います。
  • 大気汚染・水質汚濁・土壌汚染・騒音・振動などの予防管理に努めます。
  • 製品製造時および施工時の廃棄物・有害物質の排出量削減、省資材、省エネルギーを推進します。
  • 環境関係の法規制・条例などを遵守し、環境保全を目指します。