会社情報

ごあいさつ

100年のいのちを、100年の愛着へ。木の温もりを、すべての住まいへ。~LIVING with WOODS “木と生き、木を想う”~

代表取締役社長 河井 頼継
当社の創業は昭和元年。引き戸や障子など、住空間づくりに欠かせない日本の建具の伝統を継ぐ職人が集う会社として、歩みを始めました。
「私たちのプロダクトを通じて、住まい手の皆様に快適と幸せをお届けしたい」。
創業当時から現在に至るまで、その一心を胸に事業を進めております。
戦後迎えた住宅不足の時代、そして高度成長期には、高い品質とスピードで量的な需要にも対応し、日本における住宅の復興に貢献させていただくことができたと考えております。

現在、私たちの事業は、マンションなどの集合住宅に向けたプロダクトが中心です。
大規模な建築には、大量のドアが必要となります。
また、一棟一棟求められるデザインや機能が異なります。さらに、時代背景や社会情勢の変化につれて、プロユーザーや住まい手の希望も変わり続けます。
私たちは、量的・質的なニーズ、そしてデザイン性の追求といったご要望に、独自の開発力、蓄積された技術力、トレンドをつかむ情報収集力で迅速に対応し、信頼と実績を築き上げてまいりました。

変化の激しい時代の流れの中で、決して揺らぐことなく、私たちが貫き続けていることがあります。
それは、私たちが扱っているのは「木である」ということへのこだわりです。
多くの皆様に、木という素材の持つ魅力を感じていただきたいとの思いから、独自のエンジニアリング技術を開発し、腕を磨き、アイデアを駆使して、数々の製品を生み出してまいりました。
私たちが使う「木」は、100年以上生きてきたものです。 そのいのちを受け継ぎ、100年以上愛着を持たれるドアにすること。100年かけて育まれた価値を、数年で失わせるわけにはいかないのです。
これが、ウッドワークスのクラフトマンシップ。私たちが果たすべき責任です。
今からの100年へ、木の温もりを伝えていく。
LIVING with WOODS “木と生き、木を想う” というコーポレートメッセージを胸に、私たちの使命として、事業に邁進してまいります。
100年のいのちを、100年の愛着へ。木の温もりを、すべての住まいへ。